企業の宣伝活動をサポートしてくれる圧着ハガキは使わないと損

サイトマップ

複数の郵便はがき

圧着ハガキの情報量はチラシと同レベル

自社の商品について未知のお客様たちに知ってもらうためには、広告宣伝が欠かせません。広告宣伝を打つ時に避けて通れないことの一つが、コストパフォーマンスの計算です。つまり、広告宣伝にいくらつぎ込んだか、その広告にどれだけの人が反応してくれて、その内どの程度の割合の人が購買行動を取ってくれたか。この割合が高いほど、その広告のコストパフォーマンスはいいということになります。
こうしたコストパフォーマンスのいい広告媒体の一つとしておすすめなのが、圧着ハガキです。圧着ハガキは、サイズはハガキと同じ大きさなので、送料はハガキと変わりません。それでいて、面積はハガキの2倍にも3倍にもなるため、チラシ並の量の商品情報を伝えることが可能です。商品について情報が多ければ多いほど、それを見たお客様が反応してくれる可能性は高くなるため、圧着ハガキの広告媒体としてのコストパフォーマンスは非常に高くなることが期待されます。
圧着ハガキの作成は業者に依頼しましょう。特に、広告媒体として圧着ハガキを印刷した経験豊富な業者なら、広告として本当に効果が出る圧着ハガキのデザイン等について、いろいろとためになる助言をもらえるかもしれません。

圧着ハガキの宛名印字オプションを活用しよう

商品情報の提供媒体として、或いは、アンケートやクーポン送付のツールとして、圧着ハガキは、様々な業種で広く利用されています。作成は業者に依頼することができますが、業者によって価格、納期、各種オプションの内容は異なります。そのため、圧着ハガキを頻繁に使用するのであれば、自社の圧着ハガキ利用に関するニーズに最も条件が合う業者を選定して、継続的に発注する方が効率がいいでしょう。
業者選定の際、検討すべきオプションは色々と考えられますが、外せないものの一つとして宛名印字があります。圧着ハガキの印刷だけを業者に依頼して、納品を待ってから発送先の宛名印字を自社で行うというのは、手間も時間もかかり過ぎて非効率です。また、自社で行う場合も経費は無料ではありません。
特に、宛名印字する圧着ハガキの枚数が多い場合は、トナー代がばかにならないでしょう。圧着ハガキを作成する業者の中には、宛名印字もまとめて受注してくれるところがあります。費用は業者によって異なるので、業者選定の際に、見積もりを取ったり問い合わせたりして確認する必要があります。その中で、圧着ハガキの印刷とセット価格など、お得な価格を提案してくれる業者を優先的に使うといいでしょう。

圧着ハガキの便利なオプション!ズラシ折りを活用しよう!

圧着ハガキの良さと言えば、やはりそこに記載できる情報量の多さでしょう。しかし読んでもらわなければあまり意味はありません。圧着ハガキだと気付かずに処分してしまう方、めくり方に失敗してハガキを破いてしまう方、そういう方が少なからずいます。そんな時にお薦めなのが、圧着ハガキのオプションであるズラシ折り(ズラシ加工)です。
ズラシ折りとは、折り線の位置をずらして数ミリ程度のズレを作る折り方です。ハガキの表面から見れば、折り重なっていることが一目瞭然で分かり、そのハガキが圧着ハガキであることに簡単に気付くことができます。そしてズレの部分には僅かな段差があるため、ハガキの端を爪でカリカリと引っ掻くこともなく、簡単にめくることが可能なのです。めくりやすいので、ハガキを読む相手を苛立たせることもありません。
またこのズラシ折り、めくりやすさだけが利点ではないのです。数ミリのズレの部分を使用し、ハガキを受け取った方に読みたいと思わせることもできます。ハガキの表から見た時にズレの部分にインパクトのある言葉があれば、中を見たいと思うでしょう。袋とじと同じような原理にすることができるのです。
このズラシ折り、圧着ハガキのとても便利なオプションです。そしてこれは、圧着ハガキの作成を業者に頼めば、無料であることほとんどです。ズラシ折りをうまく利用するためにも、圧着ハガキの作成は業者に依頼することをお勧めします。


溜まる・使えるポイント!圧着ハガキを作るなら「ユニオン印刷株式会社」がおすすめです。全ての厚着ハガキやDMにポイントが付き、使用(値引き)することができるので、お得にご利用して頂くことができます。

 
着圧はがきの開け口

圧着ハガキを利用する場合はタイプに合った用途を考えて選ぼう

DMなどの情報量や内容によっては、圧着ハガキがおすすめです。たくさん伝えたいことがある…個別の情報を伝えたい…そんな時にぴったりのハガキで、作成は業者に依頼すると一貫して請け負ってくれます。その圧着ハガキは折り方によりタイプがあります。具体的には二つ折り、三つ折り、往復三つ折りです。どれも圧着した状態はハガキサイズになりますが、印刷できる量や中面になる部分、使い方が違ってきます。そのため、それぞれのタイプの特徴を活かせる用途をを考えて選ぶことが大切です。個別の情…

免許更新のお知らせはがき

効果の高いDMをつくるなら圧着ハガキは欠かせない

DMを発送する場合は、開封率のアップや宣伝効果を高める工夫が大切です。費用を掛けて個別に情報を届ける訳ですから、レスポンスがなければ無駄になってしまいます。そんな課題に画期的なDMとして、圧着ハガキに期待が高まっています。ハガキでの発送なので費用を押さえられ、その上、封書でDMを発送する時と変わらないほどの多くの情報を提供できます。ハガキでは難しかった個別の情報も、圧着ハガキなら提供が可能です。このハガキも印刷物ですが、特殊な技術が必要になるため専門の業者への依…

料金後納のはがき

アンケートの郵送は圧着ハガキで郵送コストを削減しよう!

企業活動を行う際、カスタマーニーズに応えるため市場調査を行う必要があります。この際、アンケートという方法は有効ではあるものの、封筒にアンケート用紙と返信用封筒を入れて郵送していませんか?アンケートがついた圧着ハガキなら広告郵便とすることができ、郵送コストを削減することができます。アンケートがついた圧着ハガキの作成は専門業者に依頼できます。広告郵便対応の印刷作成が行われます。アンケート付きの圧着ハガキを1回差出すことで割引が受けられるだけでなく、カスタマーバーコー…

赤いポスト

DM発送は圧着ハガキとオプションサービスで発送業務を効率化!

圧着ハガキをDMとする際、広告郵便物として申請許可を受けることで普通郵便に比べコストが抑えられるといったメリットがあります。しかし、圧着ハガキ作成は業者に依頼しているものの、納品後に宛名の印刷と発送業務を社内で行っていませんか?一見するコストが抑えられているように思えるものの、納品された圧着ハガキに宛名を1枚1枚印刷するのには膨大な時間がかかり、印刷コストだけでなく労務コストもかかっています。しかし、圧着ハガキの専門業者では提出されたリストから宛名を1枚1枚変え…

Copyright © 2019 企業の宣伝活動をサポートしてくれる圧着ハガキは使わないと損 All Rights Reserved.